きんき環境館メールマガジンとは

●きんき環境館が毎月2回第2水曜日(2回目の水曜日)と第4水曜日(4回目の水曜日)に発行する
メールでのお知らせです(必要に応じて臨時号も発行します)。
きんき環境館の情報や、きんき環境館を協働で運営している近畿地方環境事務所の情報を掲載します。
また、皆さんの団体のイベント情報やお知らせなども一緒に掲載しています。

●環境に関心のある方(NGO/NPO・市民、行政の環境部署担当者、企業の環境セクション担当者、 学校関係など、きんき環境館とかかわりのある方)のところへ送ります。2016年4月号の発行部数は約3,000部です。

●きんき環境館メールマガジンの配信を希望される方は、
下記の「きんき環境館メールマガジン配信自動登録」のページから登録をしてください。

「きんき環境館メールマガジン配信自動登録」はこちらから

メールマガジンへの投稿について

●きんき環境館のメールマガジンは、環境に関心のある方のところへ届くメールなので、
掲載されれば皆さんの情報をいろんな人に見てもらうことができます。皆さんの団体の情報などで、
「載せてほしい!」というものがあれば、情報をお寄せください。ここでは、皆さんがきんき環境館へ情報を
お寄せいただくことを「投稿」と呼んでいます。

●環境に関係した内容であれば、基本的にどなたでも投稿できます。費用や事前登録等も不要です。
きんき環境館メールマガジンへの情報掲載を希望される方は、下記の「きんき環境館メールマガジンへの
投稿について」のページの内容をよくご覧になったうえで、それに基づいて投稿してください。

投稿のルール

1.投稿項目  2.投稿のフォーム  3.投稿の方法  4.掲載の判断

5.問合せ先・投稿先(投稿はメールのみです)

きんき環境館
TEL:06-6940-2001
E-mail:merumaga@kankyokan.jp(メールマガジン専用アドレス)

メールマガジン

メールマガジン一覧はこちら

 

環境教育等促進法

正式名称は「環境教育等による環境保全の取り組みの促進に関する法律」(平成23年6月改正)。環境行政への民間団体の参加と、多様な主体による協働を推進するための規定が多く盛り込まれている。

協働取組

国民、民間団体等、国又は地方公共団体がそれぞれ適切に役割分担しつつ、対等の立場において相互に協力して行う環境保全活動、環境保全の意欲の増進、環境教育その他の環境の保全に関する取組。

ESD

持続可能な開発のための教育(Education for Sustainable Development)。一人ひとりが、世界の人々や将来世代、また環境と関係性の中で生きていることを認識し、行動を変革するための教育。

事業型環境NPO

自ら行う事業により収益を上げ、活動資金を確保する環境NPO。持続可能な社会を実現するために、地域資産の活用・保全を通じて地域社会を活性化し、地域の社会変革をたらす事業型の環境NPOの活躍が期待さている。

ページの先頭へ
Copyright © 2013 KINKI KANKYOKAN All rights reserved.
〒540-6591 大阪市中央区大手前1-7-31 OMMビル5F 郵送の場合:「OMM ビル内郵便局私書箱111号」 (TEL 06-6940-2001/ FAX 06-6940-2022)