ESDの推進

ESDの視点で学校と地域資源をつなぐ拠点の役割

更新日:2019年08月30日

近畿ESDセンター事業では、地域資源を教材にした学びにおいて学校教員の専門性を補完し、学校におけるESD推進を応援する拠点の活用について、ESDの視点で取材し紹介しています。

今年度は、滋賀県東近江市にある「あいとうエコプラザ菜の花館」、大阪市にある「林野庁近畿中国森林管理局箕面森林ふれあい推進センター」、神戸市にある「人と防災未来センター」、和歌山県串本町に7月に開設された「南紀熊野ジオパークセンター」の4つの拠点に取材を行います。

ESDは持続可能な社会の担い手づくりを通じて、SDGsの全ての目標の達成に貢献するものです。これら拠点がもつ専門性を活かし、授業に取り入れていくことで、環境・社会・経済の諸課題の同時解決につながる見方、考え方を子どもたちが身に着けていくことにつながると考えています。

学校教員が地域のESD拠点と連携し、子どもたちの興味・関心を高めて「深い学び」を創出できるよう、今年度も取材を進め、近畿ESDセンターのホームページで紹介していきます。

昨年度の取材レポートは、近畿ESDセンターHP(https://kinki.esdcenter.jp/)の「センターお知らせ」からご覧いただけます。

(中澤 地域教材化コーディネーター・学習指導コミュニケーター)

人と防災未来センターでは、2015年以来、震災から20年を機に、より防災・減災情報の発信の拠点施設としてのシンボル性を高めるため、ライトアップを実施している。

 

 

 

 

 

 

 

環境教育等促進法

正式名称は「環境教育等による環境保全の取り組みの促進に関する法律」(平成23年6月改正)。環境行政への民間団体の参加と、多様な主体による協働を推進するための規定が多く盛り込まれている。

協働取組

国民、民間団体等、国又は地方公共団体がそれぞれ適切に役割分担しつつ、対等の立場において相互に協力して行う環境保全活動、環境保全の意欲の増進、環境教育その他の環境の保全に関する取組。

ESD

持続可能な開発のための教育(Education for Sustainable Development)。一人ひとりが、世界の人々や将来世代、また環境と関係性の中で生きていることを認識し、行動を変革するための教育。

事業型環境NPO

自ら行う事業により収益を上げ、活動資金を確保する環境NPO。持続可能な社会を実現するために、地域資産の活用・保全を通じて地域社会を活性化し、地域の社会変革をたらす事業型の環境NPOの活躍が期待さている。

ページの先頭へ
Copyright © 2013 KINKI KANKYOKAN All rights reserved.
〒540-6591 大阪市中央区大手前1-7-31 OMM 5F 郵送の場合:「OMM ビル内郵便局私書箱111号」 (TEL 06-6940-2001/ FAX 06-6940-2022)