インフォメーション

【開催案内】SDGs 普及啓発セミナー in 滋賀(近畿地方環境事務所からのお知らせ)

更新日:2018年01月16日

SDGs 普及啓発セミナー in 滋賀
「国湖・琵琶湖を未来の子どもたちにつなぐ
 ~「持続可能な開発目標(SDGs)」から紐解く~」
 琵琶湖周辺では、古くから水と共に暮らす歴史・文化が育まれ、
琵琶湖と人の共生は、県内や流域の暮らしを支えてきました。
しかし近年、琵琶湖環境の悪化、生態系の健全性損失、琵琶湖漁業
の低迷、琵琶湖と人々の暮らしとの関係の希薄化など、琵琶湖と人
との関係も大きく変化してきています。こうした状況の中、国民的
資産である琵琶湖を健全で恵み豊かな湖として「守り」「活かし」
「支える」ことで、次世代へとつないでいくことが、今、私たちに
期待されています。

 このセミナーでは、世界共通の目標であり国家戦略と連動した
「持続可能な開発目標(SDGs)」について琵琶湖を軸にして考え、
それぞれの主体に期待される取組の意義を世界基準で確認すると
共に、連携・協働により生まれる相乗効果や新たな価値創造につ
いて意見交換を行います。

1.開催概要 
○日 時:平成30年1月22日(月)
○目 次:第1部 SDGs講演 14:00~15:30
    【講師】藤野 純一氏(公益財団法人地球環境戦略研究機関(IGES)/国立環境研究所)
        滋賀県琵琶湖保全再生課

    第2部 意見交換  15:40~17:00 ※定員に達したため締め切りました
○場 所:びわ湖大津館 多目的ホール(〒520-0022 滋賀県大津市柳が崎5番35号)
○対 象:近畿圏内の自治体、事業者、市民団体、学生等
○定 員:<第1部>60名(先着順)
○主 催:環境省近畿地方環境事務所

2.申込方法 
 E-mail又はFAXにて、参加者全員のお名前、所属、連絡先(E-mail等)
を記載していただき、件名「SDGsセミナー参加希望」として下記の申込
先に送付してください。(平成30年1月19日(金)16:00まで)

【申込先】一般社団法人コミュニケーションデザイン機構(運営団体)
     E-mail:office@kankyokan.jp
     FAX :06-6940-2001

3.問い合わせ先 
環境省 近畿地方環境事務所環境対策課
TEL:06-4792-0703  FAX:06-4790-2800  

○詳 細:
http://kinki.env.go.jp/to_2018/sdgs_in.html
http://kinki.esdcenter.jp/hot_topics/centerinfo-9/

環境教育等促進法

正式名称は「環境教育等による環境保全の取り組みの促進に関する法律」(平成23年6月改正)。環境行政への民間団体の参加と、多様な主体による協働を推進するための規定が多く盛り込まれている。

協働取組

国民、民間団体等、国又は地方公共団体がそれぞれ適切に役割分担しつつ、対等の立場において相互に協力して行う環境保全活動、環境保全の意欲の増進、環境教育その他の環境の保全に関する取組。

ESD

持続可能な開発のための教育(Education for Sustainable Development)。一人ひとりが、世界の人々や将来世代、また環境と関係性の中で生きていることを認識し、行動を変革するための教育。

事業型環境NPO

自ら行う事業により収益を上げ、活動資金を確保する環境NPO。持続可能な社会を実現するために、地域資産の活用・保全を通じて地域社会を活性化し、地域の社会変革をたらす事業型の環境NPOの活躍が期待さている。

ページの先頭へ
Copyright © 2013 KINKI KANKYOKAN All rights reserved.
〒540-6591 大阪市中央区大手前1-7-31 OMMビル5F 郵送の場合:「OMM ビル内郵便局私書箱111号」 (TEL 06-6940-2001/ FAX 06-6940-2022)